HOME>注目記事>クレジットカードの決済は代行会社のシステムを借りよう

リスクを軽減する方法

カードを持つ男性

支払い方法として、クレジットカード決済はとても使い勝手のよいものなのですが、利便性の高さのせいでそれなりのリスクがあります。とくに、カード番号と有効期限、そしてセキュリティコードがあれば、買い物できてしまうネットショッピングは注意が必要です。それは、クレジットカード決済を利用すれば、それらの情報をネットショップで取り扱わなければいけないからです。もしも、流出してしまったのなら、他人が買い物し放題になってしまうので、賠償が大変なものとなるでしょう。もしも、賠償責任を負いたくないのなら、クレジットカード決済代行を使って、ネットショップの代わりに情報を取り扱ってもらうとよいです。

セキュリティーは代行会社に丸投げ

クレジットカード

クレジットカード決済代行というのは、クレジットカードを使った買い物の処理を、システムを提供してくれた会社がやってくれるものです。万が一、クレジットカード番号や有効期限が漏れてしまったときは、ネットショップではなく代行会社のほうの責任になるため、被害を最小限に抑えられます。もしかすると、罪のなすりつけに感じるかもしれませんが、実際問題、漏れたとしたら情報を持っている代行会社からなので気にしなくても大丈夫です。

少ない手間で設置できる

カード決済

クレジットカード決済代行をおすすめできるのは、『個人情報漏洩対策が行えること』だけではありません。ネットショップに、自身でクレジットカード決済システムを導入するには、かなりの手間が必要になります。しかし、代行会社と契約をすれば、提供されるシステムを説明された通りに設置すればよいだけなので、誰でも簡単に導入できます。メンテナンスも必要ないため、ネットショップの運営に集中したい方にもピッタリだといえるでしょう。

広告募集中